スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフワーク【介護と福祉】のコラム

スポンサーサイト

介護の必要な高齢者をサポートしてくれるネットサイト

最近では、後期高齢者問題や年金問題などお年寄りの方や介護に関わるご家族の頭の痛くなるようなことばかりです。

将来、ますます少子高齢化社会が進み、原油高騰による物価高で不安だらけの明るい見通しが開けない現状です。

私自身は、まだ直接、介護に関わるようなことが今のところないのですが、いずれは自分の身に降りかかってくることには違いありません。

やはり日頃から、介護や介護保険のことについて無知では済まされない問題です。

せめて自分のこと、自分の家族に関わることでもあり、介護問題は避けては通れない重要なことなのです。

高齢者と介護をする御家族のための介護サイト(施設情報・介護保険)ケアケアは、とても役立つ情報がたくさん掲載されています。


私がとても参考になったのが、「ケアケアおすすめコンテンツ」。

介護の関する難しい専門用語や手続きの仕方、サービス、施設など様々な情報がたくさん掲載されていて、とても知識を吸収できる役立つ情報満載です。

その中でももしも「介護が必要になったら」というページは、きちんとした将来に備え予備知識を得るのにすごく役に立ちました。

このページでは家族の介護が必要になった場合の相談窓口や必要書類のことなどがフローチャート形式で分かりやすく説明されています。

直接役所に問い合わせたり、足を運ばなくても済むし、具体的に書いてあるので、役所で説明を聞くよりわかりやすいかもしれません。

いつどんな形で、私が、家族があなたが、介護のお世話になるかなんて今の世の中本当にわかりません。

『備えあれば憂いなし』

今は、ネットからあり難い事に貴重な情報をサービスして頂けるので本当に感謝です。

また、介護施設の検索なども簡単に行なうことができ非常に便利なサイトだと思いました。

私の人生!オンリーワン・ライフを生きる~ライフワーク介護と福祉

ストレスを貯めずに「オンリーワン・ライフ」を生きる

・毎日の生活に、楽しみや生きがいを感じていますか?
・最近、笑顔で心から笑える心の環境にありますか?
・年齢に関係なく、今を、なにかやりがいを感じてますか?


 先日、行われた、外来語調査において、キーワードとして、使用頻度の高かった「ストレス」という言葉が、認知度と使用度で最も高かった言葉だそうです。ネット上においても、使用頻度が高い「ワード」として、上位にランクされており、今の時代の抱えている様々な問題というものが、その「ストレス」という言葉の関心度の高さからうかがえます。

ストレスを抱えて、悶々としているのは、今の時代、大人だけの世界の話では、留まらなくなってきていますむしろ、大人社会の歪みが、子どもたちに世界を蝕み始めているのかもしれません。その証拠に、日本の社会では、「うつ病」などをはじめとする精神的な病に関する知識に関心度が、非常に広まっており、実際に、心の病で、多くの人が苦しんでいます。

世界一の長寿国、日本として、これからの長寿高齢化社会を乗り越えていかねばならない宿命にあるこのような未来。その中で、多くの人が、精神的な悩みを抱えながら長寿を生きる。そんな状況を考えれば、「生きることとは、なにか?」という、答えの出そうに無い、疑問に突き当たります。

勿論、生きる人生の上で人は、誰でも少なからず悩みを抱えているものであり、毎日が楽しくて仕方がないという方のほうが少ないかもしれません。「良いときもあれば、悪いときもある。」悪いときがあるから小さなことにも、喜びを感じることが出来るということかもしれません。

「心の健康」とは、こうしたことの積み重ねなのかも知れません。ストレスの無い人などいないとも言えるでしょう。そうすれば、どのようにしてストレスと付き合っていくか?また、ストレスと戦って負けない強い心を築き上げていくか?「心の病に結びつくような、ストレスをためない方法を、導き出すことが出来るかどうかが、「健康な心」づくりの種になるのかもしれません。

最近、社会では、それぞれの場所にいながら、人と人のつながりが希薄になって、孤立感、孤独感を感じる人が多いと聞きます。人と人の関わりは、時として煩わしいものである場合があるかもしれません。しかし、ストレスを切り離そうとして逆に、誰にも相談できる相手もなく、孤立感から病気になってしまう人もいます。

このような社会であるからこそ、積極的に人と関わり、コミュニケーションを図ることによって自分の存在が確かめられ生きていることの充実感を味わえるのかもしれません。

人は、どこかで誰かとつながっていると感じられることで、心の安定を保っている部分は非常に大きいのではないかと感じます。幾つになっても人の出逢いを大切にし、人との係わり合いの中で自分らしく生きることを大切にする生き方、そしてそんな日々に感謝できる毎日を送れることが出来れば、心のストレスからも少しは解放された健康的な生き方、日々を送れるのではないかと思います。

たった一度の人生。「オンリーワン・ライフ」を大切に、太く長く生きたいですね!

健康で長生きするための老化のメカニズム解明

最近では、アンチエイジングが盛んでさまざまな対策方法やケア用品、サプリメント、グッズなどが販売されています。

加齢と共に、見られる老化という現象は、誰もが避けて通れない現象です。

現代の医学の進歩と共に老化現象をある程度一部においては、遅らせることは可能です。

また、そのスピードは、生活環境や、生活習慣によっても大きく影響されるともいわれます。

従って、普段、我々の生活習慣を見直すことは、老化を遅らせ、人生を健康で長生きするためにの予防の基本になるのかもしれません。

医学の進歩と共に、老化のメカニズムについても、その老化に直接、影響を及ぼす因子を突き止めるための研究が進んでいます。

そのような老化のメカニズムの解明は、人の健康にかかわる重要な答えにつながるだけでなく、老化による老人性の特有の病気の根絶にもつながり、健康で、生き生きと長生きできることを享受できることから非常に期待されているのです。

認知症の介護は人間の成長を同時に高める~コラム・日記

認知症の方のケアで注意しなければならないことは、コミュニケーションをとりながら、また、コミュニケーションをとる前に、個々の認知症の方の個性とその症状を深く観察することがとても、安心と満足を感じていただける介護を実践する上でとても大切であるということです。

認知症をひとくくりに考えず、(理解)出来ること、(理解)出来ないことをそのときの状況に応じて、深く知り、臨機応変に対応できるヘルパーとしての精神面においてのケアの技術を向上させることがとても求められることなのです。

それは、常に精神的な成長がヘルパーには求められるということなのです。知識や介護に関わる技術的な習得は勿論のことですが、それだけでは、認知症をヘルパーとして理解したことにはならないのです。

私にとって、毎日が、成長できる貴重な体験をさせてもらっているのだという、認知症の方に対して感謝こそ感じられるほどの精神を磨いていただきたいと感じます。認知症の方は、目には見えない内面に、恐れや、不安、戸惑いといったものを常に現実に抱えながら生きておられるということをまず、最初に共感できる、自身の中の心を観察することからはじめることも必要かもしれません。

人生を長く生きていれば、だれでも、それぞれに、自尊心があります。無闇な介護で更に病状を悪化させることもありえるのです。ホームヘルパーという仕事は、それだけ、人間としても重い役目をになっているわけです。

関連ページ
■【コラム】
■ライフワーク介護と福祉について
■介護と福祉/おすすめサイト~【ライフワーク介護と福祉】
■【サイト案内】ライフワーク介護と福祉

介護と福祉における男性ヘルパーに期待される活躍と利点

不景気の影響や、新しい注目の職業でもあることから、最近は男性でもホームヘルパーを目指す人が増えています。

在宅介護の場合、食事の準備や、洗濯などの日常生活の介護がどうしても必要ですが、こうした業務では、やはり、男性が活躍できるかという点で疑問が湧くでしょう。

これは、働く側の意識、心がけが第一で、その上で、いかに理解を求めるか、ということになります。

しかし、男が家事を行うのも不自然ではないと見られるのは、今後は時代の流れとなるかもしれませんし、同性のホームヘルパーを求める人もいるかもしれません。今後は男性も活躍することになるでしょう。

50歳を過ぎてから、新しいやりがいのある仕事を求めて、ホームヘルパーを目指す男性も最近は結構多いようです。

こうした人たちの社会経験というものも、ホームヘルパーの仕事に活かす機会があるかもしれません。

男性ホームヘルパーが活躍する姿は今後様々なところで見られることになるでしょう。

http://www.power-factor.info/0010.html


男性ヘルパーの利点

男性は仕事と感情とをある程度割り切ることができるので、職場での人間関係の潤滑油として期待されます。

コミュニケーション能力は、現場だけでなく職場内でも求められます。

現場でのケアに関しても、移乗や移動などの介助の際、利用者様も男性が支えているということで頼りにされやすく、 スムーズにケアができることもあります。

男性で介護職を希望するのであれば、 施設の職員などの方が生活も安定しますし、同性介護を原則としている施設も多いので受け皿もあります。

在宅で働くとしたら、 訪問入浴介護の運転手(オペレーター)もあります。

車を走らせ、浴槽を担ぐガテン系の仕事ですが、 男性であるという存在価値をかなり発揮できます。

ヘルパーの資格を取って、介護タクシーで働く男性も多いです。

ホームヘルパーの仕事に関しても、男性のヘルパーでお願いします、という依頼も少なくありません。

http://www.helperstation.net/toranoana/dansei.php



ホームヘルパー2級 男性の求人に関する質問

在宅でも高齢者の介護と支援費の介護があります。

支援費は障害者の介護をすること。外出ヘルパーなどが主な業務です。支援費の仕事をやっているヘルパー事業所なら、男性ヘルパーを募集しています。2級ヘルパーを持っている男性は特養、老健などの介護老人施設、もしくは病院で看護補助をしている方がほとんです。

在宅では需要は少く、改正で長時間の生活援助がなくなり、移動時間に時間をとられます。

障害者へのヘルパー派遣を行なっている事業所では、男性の利用者さんの介護は男性のヘルパーが、女性の介護は女性ヘルパーが行なうという体制をとっている所が多いです。

移動入浴介助など力を必要とする職場では男性が多いです。

施設等に勤務なら、男性の方が体力面で言っても必要とされています。その場合はホームヘルパーよりも介護福祉士を目指すことを望まれます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2081131.html


■【コラム】
■ライフワーク介護と福祉について
■介護と福祉/おすすめサイト~【ライフワーク介護と福祉】
■【サイト案内】ライフワーク介護と福祉

学ぶことに挑戦し、常に勇気を持って知識を吸収していく


人が生きる人生において、学ぶことはとても大切です。

介護の世界においても同様に学ぶという大切なことを疎かにするということ、後々、苦労することになります。

その苦労とは、本来必要のないものなのです。

若い時には、多くのことにおいて、わがままであることによる間違いというものを知らずに犯す。

それが人生の上での失敗。

失敗に気がつけない人生は愚かです。

これまでの愚かさに気がつける人は幸せです。

気がつくことによって、人生をやり直すことが出来るから。

わがままな人生は、挫折と行き詰まりの人生だということを覚悟しなければなりません。

絶対に、成功することがないからです。

人間が生きることは、人間を学ぶこと意外に成長と成功はありえません。

「失敗は成功の元。」

その成功の元を作るものは、何でしょう?

学ぶこと。


知識を習得する事。

人生の知恵として今を生きることに活用すること。

社会の中で。

孤独は、嫌です。

自ら社会の中に参加しなければ、孤独から脱出することなど出来ません。

自らがあなたを必要としなければ、孤独からの脱却はありません。

人生の幸せを手に入れましょう!

まずは、資格をとることが第一目標。

いつでもどこでもやろうと決めれば何でも出来る。

必要なものは何ですか?

それな、今を生きるという勇気しかありません。

介護への私の道

基本的には、福祉と介護の世界で仕事をさせていただきたいとい思いを平行して、現在の仕事で自活に道を辿ることが出来れば、介護と福祉に、自分の一生を掛けてやり遂げることの出来る仕事として、私の中で、育てて生きたいという思いでいます。

ホームヘルパー2級の資格、取得後も、早くこの介護と福祉世界で働きたいという意思はあったものの、現在の自活のための柱となる仕事が、ままならないこともあり。

思い描いたとおりに行かないことにジレンマのようなものを感じているのです。


老々介護といわれることが、私の感じには、本質的には理想なのかもしれません。

本当に相手のことを親身に、同苦出来る年代かもしれません。

若い人が、介護に介入することよりも、それなりの人生経験を積んで、身体的にも、精神的にも成熟したものが、技術的なことを真剣に学ぶ。

介護の世界というものは、人の出入りが多いというのは、人材を育てるということの難しさを象徴しているのだと感じます。

私が若いときに福祉の世界を躊躇したことは、年齢的な若さがその福祉という世界で、人を助けるということの大きさに、迷いと恐れがあったこと。

しかし、今では、その過去に躊躇したことを多少の後悔に感じます。

人間の世界では、みんなが平等であり、助け合うという心というものは大切なもの。

今、私が、健康でありこのようにして、今、その機会を与えられたことに、何一つ迷うことのない条件を与えられたということは、もう、何も迷うことは無い。

若かった頃の迷いながら、生きてきたことの後悔。そのことが今、生かされるのであれば、残りの人生をすべて、この2年間に託して、感謝の気持ちを決して忘れることなく、世の中の役に立ち恩返しをしていきたいと誓います。

世の中の基本は、相互扶助で成り立たなければならない。

人生は、いつか必ず、守られる側から、守る側、そして、守られる側に。

そんな人生を生きるのが、一番幸せなのかもしれません。

今、この時代こそ。

高齢化社会という現実を、しっかりと生きなければ、やがて、いずれは、避けることの出来ない、後の人が行き着く世界を、今、こうして、守れる人が守らなければ、後に続く人がいなくなる。

そうなれば、最後の、最後に不幸な人生が待っているだけになる。

それなれば、なお更、人生をその瞬間の刹那出来ることのみが、生きることの答えになってしまうかもしれません。

老いることの意味を、

生まれて老いることの意味。

生まれることの幸せを全ての人の与えてきたのに、老いることの幸せを感じることが出来ずに去っていくことの意味。

それでは、人生の最終章は何のためにある?

ハッピーエンドに終わりたいよね。


強くなるために、介護の職場を選ぶ。

弱いからではない。

強いから介護の職場を選ぶ。

認知症の妻とパソコン

認知症を持つご家族というのは、介護の中でも、非常に精神的なご苦労が多い。

妻が数年前から、認知症になってしまった。

妻と私の二人暮らしの生活は、何かと妻の認知症の介護を中心とした閉鎖的な生活になりがちで、心の中のストレスを開放する事が、難しくなる。

認知症の介護について、自分でも色々と勉強をして知識を学ぶ上で、これからも妻と2人で、彼女の認知症と闘っていかなければならないと言う事を考えれば、何か私自身の心身の健康を保つ上で、予防と対策を実行しなければならないと思う。

そこで、私が出来ることとして、

①規則正しい生活を維持するためにも、朝の散歩を心がける。

②趣味にも専念する時間をなるべく取るようにする。

③パソコンを始める事によって、インターネットで、同じように認知症の介護での悩みを共有する。

など、3つを実行するようにした。

その内、③のパソコンのインターネットで、認知症で、同じ悩みを抱えていらっしゃるご家族の現状をブログやSNSなどのコミュニケーションサイトを通じて、多くの情報を得たり、また、自分から発信できるネットを活用する事は、今の時代は、とても大切なことでは無いかと感じる。

認知症の方と抱えたご家族が感じておられる不安と言うものは、その情報を知らない事によるものが多い。多くの認知症の介護を経験されてきた方の話や体験、また、アドバイスを受け取る事のできるネットは、とても、優れた媒体であると言える。




高齢化社会のお年寄りを支える介護サービス

高齢化社会の中で健康に年齢を重ねるというのは、簡単なことではありません。


暮らしと生活の中では、とても身近なところに危険が潜んでいると言えます。


小さなことが大きな怪我や事故につながり介護が必要となるといった方が、たくさんいらっしゃいます。


介護事業に携わる者にとって、年々、介護が必要な方が増加の一途をたどっているのです。


介護保険制度の中では、このような意味で利用者を管理することは、非常に煩雑な手続きが必要です。



経費の掛かる面倒な作業の効率化をはかるのが介護ソフトです。



介護ソフトをご利用になるには、初期費用、管理費用などが必要です。




メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。