スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者の介護防止のための骨粗鬆症の予防


 高齢者の骨粗鬆症予防のためには、普段から、カルシウム摂取を意識し、なるべく外出することを心がけ、散歩や適度な運動で、骨粗鬆症予防に取り組むことが大事です。

適度な運動は、骨をつくる栄養素の吸収を促進するため、丈夫な骨をつくります。

骨粗鬆症の原因の一つはカルシウム不足です。骨量は骨格の成長とともに20歳ぐらいまで増加してピークを迎えたあと、中高年期に向かってしだいに減少します。

経年することで、意識的にカルシウムを普段から十分に取ることを心がけるひつようがあります。

特に女性の場合、閉経後、カルシウムの吸収を助ける働きのある女性ホルモンの分泌が低下するので、高齢の女性は、特にカルシウムをとる必要があります。


骨粗鬆症にならないために注意すること

 カルシウム摂取量が不足すると、骨密度が減って、骨がもろくなります。

転倒事故などによって骨折などにつながる場合が多くなり、回復も遅くなることになり、寝たきりなどの原因などにもつながりません。

日常の食生活においては、「塩分のとり過ぎ」や、加工食品やインスタント食品に含まれる「リン」、また、「アルコール」や嗜好品の「タバコ」などは、カルシウムの吸収と体内での生成、ビタミンDの働きを妨げるので、控えるようにしましょう。


骨粗鬆症予防に必要な栄養素

 予防の為に特に必要な栄養素は、カルシウム、たんぱく質、ビタミンD、ビタミンK、マグネシウムなどとされています。

「たんぱく質」が多く含まれる食品
 魚、肉、卵、大豆・大豆製品などに多く含まれます。

「カルシウム」が多く含まれる食品
 牛乳・乳製品、小魚、緑黄色野菜、大豆製品などに多く含まれます。

「マグネシウム」が多く含まれる食品
 大豆、未精製の種実や穀類、海産物などに多く含まれます。

「ビタミンD」が多く含まれる食品
 魚(特に青背魚)、卵黄、乳製品、きのこ類などに多く含まれます。

「ビタミンK」が多く含まれる食品
 納豆、緑黄色野菜、海藻類などに多く含まれます。

また、これらの栄養素を含む食品と一緒に、疲労回復に効果があるといわれる「クエン酸」を多く含む食品をとることによってカルシウムの吸収を高める作用があります。


「クエン酸」を多く含む食品

 クエン酸は柑橘類などに多く含まれている有機酸の一種で、 酸っぱさ成分です。

代表的なものとしては、「お酢」です。また、果物の柑橘類にも多く含まれており、桃、梅、レモン、イチゴ、 パイナップル、メロン、キウィフルーツなどの果実もよく知られています。

スポンサーサイト

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。