スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護が必要な人は高齢者だけではないということに気が付いた

 これまで健康で日常生活を送ってこられた方が、高齢になり介護が必要になる。


そんな方々を介護している。


でも、世の中には、生まれながらにして一生を介護なしには生きていけないという人もいる。


介護の仕事をしているけど、改めて介護というのは高齢者だけが必要としているわけではないということに気が付いた。


時代の変遷は、様々な事象の変化を映しだしてくれる。



今、小中学校の通常の学級の子供達の中には、LD,ADHD,アスペルガー症候群、高機能自閉症を持つ子供が、6パーセントいるという現実。


100人いれば、6人は、何らかの障害をもっているというわけです。




お年寄りの方の介護は超高齢化社会において、医療のお蔭で延命治療が更に進んでいる。



【送料無料】実践障害児教育 2013年 12月号 [雑誌]




スポンサーサイト

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。