スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【介護の姿勢】:利用者本位の介護者の思いやりと朗らさ


 日常の介護に関わるお仕事を家庭や施設などにおいてされている方は、本当にご苦労様です。


介護する側とされる側にとって、互いに少しでも負担を少なくするための介護とはどのようにすれば良いのでしょうか?


介護を大変にしている要因の一つ、介護する側の意識の切り替えが出来ていない場合があると思います。


介護というものが日常生活の一部になるために必要な事は、「介護する側」と「介護される側」の双方のバランスが大切だということです。


からだが不自由であったとしても、出来ることは自分でして貰わなければ介護者の負担は増えるばかりです。


介護者にとって必要なことは相手の必要とするポイントを積極的に支援し、また相手が出来ることに関しては、あえて見守る姿勢で相手の力を引き出せる支援が必要です。



利用者と介護者の双方にっとて無理の無いバランスの取れた日常生活に馴染んだ介護として大切な姿勢であると感じます。


そのために介護に関わるものとして必要な事は、支援する者として技術的な介護のノウハウを向上させるこが必要です。


更に人間的な心の面でも、思いやりや弱者に対する理解という難しい部分を介護者と接することによって経験から前向きに学ぶ姿勢が無ければなりません。


そうでなければ双方にとってバランスの取れた介護、相手にも理解されるための介護を進めいていくことは、困難ではないでしょうか?


相手の力や能力、やる気を引き出すための心の面における支援と介護を意識して、日常生活に取り入れて行きたいですね。


スポンサーサイト

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。