スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護ヘルパー1級課程、2012年度に廃止し「介護福祉士」へ収束

「介護ヘルパー1級課程」の廃止。

これから、介護の仕事に携わろうとしている人たちにとって、この変化は、どのようにとらえていけばいいのか?

さまざまな立場によって、さまざまな思いや思惑が湧いてくるでしょう。

介護への門戸を多くの人に知ってもらい、裾野を広げる為に、「ヘルパー認定制度」というものは、必要だと感じます。

介護を受けるものと、介護を提供するもの、その福祉に関わる質の向上。

そのような必要な変化の中で、私のような者が、介護の世界で生きていこう考えるなら、やはり、常に、この介護に関わる環境は、どこまでも、発展途上の世界なのだということ。

その意味では、制度の変化について、常に知識を求めていかねば、無駄な、徒労に終わる資格を結果的に得るようなことにもなりかねない。

巷に、氾濫する、資格取得を進める民間の講座パンフレットのみに、うたってある事実を鵜呑みにせぬようにしたいと感じます。

ヘルパー1級課程、2012年度に廃止
厚生労働省は2012年度をめどに訪問介護員(ホームヘルパー)養成1級課程を廃止する方針を固めた。2級課程は当分の間続ける考え。厚労省は介護職の専門資格について、国家試験に合格した介護福祉士と、一定時間の研修を修了すれば認定されるヘルパー2級では提供するサービスの質に差があるとして、将来的にヘルパー1級と2級をなくして介護福祉士に統一する方向で検討している。ヘルパーが介護福祉士資格を取得できるよう、2006年度に「介護職員基礎研修」を創設。研修修了者が介護福祉士国家試験を受験できるようにする仕組みを現在検討中。

スポンサーサイト

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。