スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアマネージャー


ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、介護サービスを希望する人からの相談を受けて、その人たちの心身の状態と状況に応じて適切なサービスを利用できるようにしてくれる人たちです。

具体的には、サービス事業者(デイサービス、ショートステイなどを提供しているところ)と連絡調整などを行って、ケアプランの作成、サービス事業者・施設との連携&調整を担当する専門職のことをいいます。

また、ケアマネージャーの資格をもっている人たちは、保健・医療・福祉の分野で最低5年以上の実務経験のある人たちなのです。

そして、一言でケアマネージャーといっても、実にさまざまな国家資格者(専門職)の集まりでもあるのです。

例えば、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、助産師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、義肢装具士、歯科衛生士、はり師、きゅう師、介護福祉士、栄養士など。

そのため、得意分野も違うので、医療に詳しいケアマネージャーを希望する場合は、看護師、薬剤師などの資格者をもっている人やMSW(病院のソーシャルワーカー)として活動してきた人にお願いするといいでしょう。

介護を中心にケアプランを考えている場合は、介護福祉士、社会資源もうまく活用したい人は、社会福祉士の資格をもつ人という具合にケアマネージャーを選ばれるといいでしょう。

そうは言っても、人間ですから合う・合わないもあるものです。ですので、今のケアマネージャーとうまく人間関係が築けないと感じる場合は、我慢をしないで、別の担当者に代えてもらいましょう。

代えてもらう時には、地域包括支援センターや他の居宅介護支援事業者に相談する事もできるのですよ。 要支援の場合は、同じ地域包括支援センターになる事が多いので、「自分とは少し合わないので」とはっきりと伝えることも大切になります。

スポンサーサイト

ケアマネージャー(介護支援専門員)資格~介護と福祉に関する資格

介護支援専門員のことをケアマネージャーいいます。

介護保険法に基づき、要介護者等からの相談に応じ、要介護者等がその心身の状況などに応じた適切な居宅サービス又は施設サービスを利用できるように介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、居宅サービス事業者等との連絡調整などを行うための資格。ケアマネージャーは、「介護保険法」に定められた公的資格であり、一般的にはケアマネージャーと呼ばれます。

また、ケアマネージャーの資格をもっている人たちは、保健・医療・福祉の分野で最低5年以上の実務経験のある人たちなのです。そして、一言でケアマネージャーといっても、実にさまざまな国家資格者(専門職)の集まりでもあります。

■ケアマネージャーの試験
10月、11月頃のいずれかの日曜日(申し込みは7月~8月)に実施される。

試験問題は、多岐選択式で60問。
「介護支援分野」25問。
「保健医療分野」20問。
「福祉分野」15問。

■ケアマネージャーの受験資格(介護支援専門員実務研修受講試験)
受験資格は、下記の国家資格を持っている人か、それらの分野で5年以上、900日の実務経験がある人になります。

1・保険・医療・福祉の21種の法定資格者
医師 歯科医師 薬剤師 保健師 助産師 看護師 准看護師 理学療法士
作業療法士 社会福祉士 介護福祉士 視能訓練士 義肢装具士 
歯科衛生士  言語聴覚士 あん摩マッサージ師 はり師 きゅう師
柔道整復師 管理栄養士 精神保健福祉士

2・実務経験が必要
実務経験が5年以上で当該業務に従事した日数が900日以上必要。

例:ホームヘルパー2級終了者の場合
過去に相談援助業務に1年以上従事した人で、
介護等の業務に従事している期間が5年以上、従事日数が900日以上の人。

3・介護に関係する仕事を10年以上、実働日数が1800日以上。

  ◆介護と福祉に関する資格
  ◆介護と福祉/おすすめサイト~【ライフワーク介護と福祉】

■【サイト案内】ライフワーク介護と福祉

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。