スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護・福祉・医療で求められる心理カウンセラー~コラム・日記

掲載スクール数No1 心理カウンセラーを目指すなら「ケア資格ナビ」

英会話から始まり、世の中は、今、資格ブームですね。
注目されていたのが、「漢字検定」。

これだけ、資格をとることに人が集まるというのは、
物理的な時間が、必要ですし、お金もかかります。

資格を取ることに時間とお金をかけるということは、
それだけ知識を求めて、自分を高めることを望んでいるのでしょう。

でも、一体、この世の中の資格というものは、
どれくらいあるのでしょうか?

「心理カウンセラー」という仕事は、現代のストレス社会において、
とても求められている仕事ではないでしょうか?

精神的に辛い立場にある人の心を理解できることは、
誰にでも出来る仕事ではないかもしれませんが、
心の側面からケアできる仕事は、とてもやりがいのある仕事でしょう。


「心理カウンセラー」になるには、資格が必要です。

そこで、そんな資格・講座を集めたサイトがあります。
「ケア資格ナビ」サイトは、 介護・福祉・医療の資格取得を目指す方の専門サイト。

資格の基本データや取得のための講座をご紹介、
無料で資料請求できるサイトです!

数ある講座を比較検討できますし、
気になる講座の資料を無料で一括請求出来ます。

スポンサーサイト

介護と福祉で役立つ資格【心理カウンセラー】

介護と福祉に役立てる心理カウンセラーの仕事

心理学を科学的な根拠に基づいて「心のケア」を行います。「カウンセリング」の場所は、介護の現場だけにはとどまりません。多くの心の悩みで、お困りの方に解決の手助けをしてゆくのが役割。

現代のストレス社会において、「心理カウンセラー」という仕事は、とても必要とされている仕事なのかもしれません。

ですから、誰にでも出来る仕事ではないかもしれませんが、心の側面からケアできる仕事は、精神的に辛い立場にある人の心を理解できることは、とてもやりがいのある仕事でしょう。

介護と福祉で働くための心理カウンセラーとしての基本

心というものは、姿形として当然、目には見えません。

ですから、見えないものを感じ取る心の感受性を常に磨く必用があります。

そして、人の心を健康にする仕事である以上、自分の心が健康であるように、心を学んでいく姿勢が大切です。

基本的には、じっくりと相手の話を聞いて、相手の中の見えないものをみつけだしていくという、「聞き上手」であることが最も求められます。


心理カウンセラーとして働ける場所

・病院、学校、企業、裁判所、公共団体。

・自分で開業する

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。