スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護労働の現場

高齢社会を現場で支える介護従事者を今後どう評価していくべきか。


人材不足の厳しい現状を改善するために、早急に問われなくてはならない問題ではないでしょうか?


介護の現場において、高齢者のリハビリや入浴、排泄、食事などの世話は、身体的にも精神的にも負担が重いものです。

常勤になればこれらの重労働に加え、煩雑な各種書類の作成などにも追われる。また、認知症への対応にも高い専門性が要求される。

介護施設で働く場合も、労働時間が18時間にも及ぶ泊まり勤務が月に、4,5あるのは当たり前。それでも体調が悪くても休めない。

もともと人手不足のギリギリの勤務体制のため、休めば他の人に迷惑がかかるという現状。

こうした厳しい労働に対してその報酬は、きわめて低い。厚生労働省によると最近の惰性の福祉介護職員の平均月収は22万強、全産業平均の37万強に比べ14万以上も低いのです。

しかし、経験を積んで勤続年数が増えても昇給が無いケースが多いといいます。このような厳しい状況では、安定した生活が確保できず、離職者が後を立たないという。

実際、1年間の平均離職者は、全産業の平均が16パーセントなのに対し、介護分野では、21パーセントと高く、勤続3年未満の離職率は75パーセントにも達します。

この現実を改めるためには、やはり、なんといっても仕事に見合う待遇に改善し、安心して働ける環境をつくることが急務だといる。


スポンサーサイト

私の人生!オンリーワン・ライフを生きる~ライフワーク介護と福祉

ストレスを貯めずに「オンリーワン・ライフ」を生きる

・毎日の生活に、楽しみや生きがいを感じていますか?
・最近、笑顔で心から笑える心の環境にありますか?
・年齢に関係なく、今を、なにかやりがいを感じてますか?


 先日、行われた、外来語調査において、キーワードとして、使用頻度の高かった「ストレス」という言葉が、認知度と使用度で最も高かった言葉だそうです。ネット上においても、使用頻度が高い「ワード」として、上位にランクされており、今の時代の抱えている様々な問題というものが、その「ストレス」という言葉の関心度の高さからうかがえます。

ストレスを抱えて、悶々としているのは、今の時代、大人だけの世界の話では、留まらなくなってきていますむしろ、大人社会の歪みが、子どもたちに世界を蝕み始めているのかもしれません。その証拠に、日本の社会では、「うつ病」などをはじめとする精神的な病に関する知識に関心度が、非常に広まっており、実際に、心の病で、多くの人が苦しんでいます。

世界一の長寿国、日本として、これからの長寿高齢化社会を乗り越えていかねばならない宿命にあるこのような未来。その中で、多くの人が、精神的な悩みを抱えながら長寿を生きる。そんな状況を考えれば、「生きることとは、なにか?」という、答えの出そうに無い、疑問に突き当たります。

勿論、生きる人生の上で人は、誰でも少なからず悩みを抱えているものであり、毎日が楽しくて仕方がないという方のほうが少ないかもしれません。「良いときもあれば、悪いときもある。」悪いときがあるから小さなことにも、喜びを感じることが出来るということかもしれません。

「心の健康」とは、こうしたことの積み重ねなのかも知れません。ストレスの無い人などいないとも言えるでしょう。そうすれば、どのようにしてストレスと付き合っていくか?また、ストレスと戦って負けない強い心を築き上げていくか?「心の病に結びつくような、ストレスをためない方法を、導き出すことが出来るかどうかが、「健康な心」づくりの種になるのかもしれません。

最近、社会では、それぞれの場所にいながら、人と人のつながりが希薄になって、孤立感、孤独感を感じる人が多いと聞きます。人と人の関わりは、時として煩わしいものである場合があるかもしれません。しかし、ストレスを切り離そうとして逆に、誰にも相談できる相手もなく、孤立感から病気になってしまう人もいます。

このような社会であるからこそ、積極的に人と関わり、コミュニケーションを図ることによって自分の存在が確かめられ生きていることの充実感を味わえるのかもしれません。

人は、どこかで誰かとつながっていると感じられることで、心の安定を保っている部分は非常に大きいのではないかと感じます。幾つになっても人の出逢いを大切にし、人との係わり合いの中で自分らしく生きることを大切にする生き方、そしてそんな日々に感謝できる毎日を送れることが出来れば、心のストレスからも少しは解放された健康的な生き方、日々を送れるのではないかと思います。

たった一度の人生。「オンリーワン・ライフ」を大切に、太く長く生きたいですね!

手で触れるだけで健康になる「タッチ健康法」~介護関連書籍


触るだけで元気になる、画期的な健康法を紹介する注目の一冊!

 「タッチ健康法」は、1970年アメリカで生まれたもので、あちらでは「タッチフォーヘルス」と呼ばれています。そして、「今や、世界100カ国以上で実践されており、究極の健康法として注目されている。」ということなんですが、究極といえば、究極かもしれません。

手で触れるだけで健康になれるのですから。

なにか、マジックか物の怪の類か、呪いか?なんて事はないんですが・・・。要するに、「タッチ健康法」は、気を利用した自然療法なのでそうです。母体となっているのは、アプライド・キネシオロジーという最新の医学が根拠となっており、オーストラリアでは、保険が適用される自然療法として認知されるに至っているんだとか。

でも、保険が適用されるような健康法となれば、誰もが容易く出来るものではないようです。自分の手で、自分の体の悪いところを治したり、癒したりできる健康法であればいいのに。本を読めば、自分でも出来るヒントが何か書かれてあるかもしれません。



石丸賢一著「日本タッチフォーヘルス協会ファカルティ(認定幹部)」

タッチフォーヘルスは、1970年アメリカのカリフォルニアで生まれた、健康のためのタッチ技法だ。今や、世界100カ国以上で実践されており、究極の健康法として注目されている。
 その母体となっているのは、アプライド・キネシオロジーという最新の医学だ。1964年にカイロプラクターのジョージ・グッドハート博士が、各筋肉の動きと臓器や気の流れの関連を明らかにしたのをきっかけに、薬を使わないで確実に癒すことのできる治療法として普及した。これを一般の人に普及するために作られたのが、タッチフォーヘルスだ。
 タッチフォーヘルスは、病気を治すことを目的とするワークから、気のバランスを整えるために「手当て」することを目的とするワークに変化したが、その絶大な効果が認められ、スイスやオーストラリアでは、保険が適用される自然療法として認知されるに至っている。




メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。