スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーについて

福祉サービスの目標は利用者の自己実現を可能にすること

福祉の理念について

地域福祉と主体性の尊重

介護は、「看護」と「介抱」の造語

介護と看護の関わり

介護の基本原則

介護におけるリハビリテーション

介護-人権啓発に対する基礎

ホームヘルパーの仕事

実技レポート

施設・在宅サービス実習のポイント

認知症の定義とケアの方法

ホームヘルパー 疑問、質問

潔癖症の老人介護について

ケアプランはケアマネージャーだけしか作れない?

実習における目標

介護と福祉における「ホームヘルプサービス」の実習における心構え

ライフワークとしての介護と福祉で感じた充実の日々

コミュニケーションとマナー

ヘルパー学習マイノート

スポンサーサイト

身体介護について

身体介護の心得

身体介護にとって大切なことは、

利用者の安全確保を第一に
ホームヘルパーが行う身体介護において最も大切なことは、利用者の安全を優先することです。
身体介護を必要とする人は、心身に何らかの障害を持っていることが多いので、一つ一つの動作に対して、恐怖心を持ってしまいがちになります。

この恐怖心を和らげ、「歩きたい」「身体を起こしたい」という要望をかなえてあげるのが、ホームヘルパーの重要な仕事なのです。
まずは安全を考える。
これは、ホームヘルパーの基本として、しっかりと認識する必要があります。

相手の人格や意思を尊重すること
ホームヘルパーは、直接人間を相手にする仕事です。したがって、要介護者の人格を尊重し、相手のプライバシーにも十分配慮する必要があります。常に声をかけたり、相手の緊張をほぐしながら、相手の顔色、しぐさをよく観察し、相手のペースをよく考えて身体介護を行うようにしましょう。

介護の前に、相手をよく観察する
利用者の人格を尊重するということは、相手のことをよく理解するということでもあります。
ホームヘルパーは、高齢者を相手にするので、高齢者特有の心理状態を良く知ることも大切です。
例えば認知症の方は、どんな表情やしぐさの特に不安感を覚えているのか、などもよく観察して、介護の前によく理解しておく必要があります。

当然、人にはそれぞれ個性があります。
認知症という症状でひとくくりにするのではなく、個人個人の性格や特有の言動をよく観察し、その人にあった対応の仕方を考え、行動するのが、プロとしてのホームヘルパーの仕事なのです。

「声かけ」を基本とする
どんな介護をするにしても、基本は「声かけ」です。
要介護者は、不安感や恐怖感を感じるものです。無言で介護をされると、不安感を増大してしまいます。
また、ホームヘルパーへの信頼も生まれないでしょう。

介護を行う前、つまり相手の身体に触れる前は、「○○さん、□□をしますよ」というふうに、これから行う介護の内容を告げると、相手に安心感を与えることができます。
相手の目をみながら、穏やかに、はっきりと声かけを行いましょう。

見守ることも必要
ホームヘルパーが行う介護の仕事は、あくまで利用者の自立的な生活を手助けすることにあります。
そのため、何から何まで手を貸さずに、時には見守ることも大切なことなのです。
すべてに介護・介助を行うと、利用者の自立意欲を奪ってしまいます。

廊下を手すりを持って歩ける人なら、手を貸さずに、歩くのを見守ってあげる。
その代わり、転倒の危険がないように、そばに寄り添って歩いてあげる。

こうした「見守り」を行い、利用者の自立意欲を高めてあげることがホームヘルパーの心得として重要です。

予防介護について

予防介護について
●2006年の介護保険制度で改正され「介護予防サービス」がスタートしました。要介護認定で「要支援1・2」に認定された人に行われるもので「要支援の人が「要介護状態にならないように。また自立した生活が出来るように。本人が出来る事を増やしていく」事を目的とするものです

●介護予防を行う上で欠かせないことはその人の生活を細かく見極めることが大切です。よくその人見極めた上でたとえば調理をするに時、包丁を使うことが出来るのか、味付けだけでもできるのか、盛り付けまで出来るのか等見極め、自分で出来るところは自分でして頂いて、出来ないところを少しずつでも自分の力で出来るようにする力をつける手助けをするのがヘルパーの予防介護です

ホームヘルパーの現状

ホームヘルパーの現状
高齢化社会が進みホームヘルパーの需要が増えるスピードにホームヘルパーの育成が追いつかないというのが現状です。

介護保険制度により高齢者が自分の望む充実した人生を送りたい、また経済的も豊かになり人生を前向きに積極的に行きたいと考える人が多くなりました。少子化・核家族の中でその考えを現実のものにするためにホームヘルパーに対するニーズが高まっています。ホームヘルパーはそうした幸せな人生を送るための大切なパートナーです。




ホームヘルパーの一日


所属する事業所との連絡を密にとりながら、与えられたホームヘルパーの仕事を行います。常勤ヘルパーは一日の始まりとして所属する事業所に出勤しその後、ヘルパーの仕事をし、事業所に帰り、業務報告書、日誌をつけ、次の日のスケジュールを確認したのちに帰宅します。

登録ヘルパー・非常勤ヘルパーの場合は一日の始まりは事業所には行かず、ヘルパー先に直行し、仕事がおわったら、事業所に電話連絡の報告のみで自宅に帰ります。帰宅後業務報告書・日誌などつけます。 介護保険においてホームヘルパーは毎日、業務報告書の提出が義務つけられています。

ホームヘルパーのモラルと能力

ホームヘルパーのモラルと能力

まず大切なのがヘルパーとしてのしっかりとしたモラルを見に付けることです。他人の家に上がるということが仕事上の前提です。ですからモラルにかけた言動は決して許されません。ヘルパーの表情・言動で高齢者の表情・気持ちが変わります。まずいつも笑顔で接すると言うことが大切です。

コミュニケーションをしっかりとり、相手が何を望んでいるのかを読み取り、相手の様子をきちんと正確に観察する能力が備わっていなければなりません。相手を無視した一方的な会話をしたり、相手の表面上の言葉・表情だけで判断しないようにしなければなりません。




自分をしっかり把握する能力


自分の能力を無視して難しい介護をしたり、自分の能力以上の仕事を引き受けたりすると失敗をしたり、事故をおこします。今現在の自分というものをしっかり把握していなければいけません。
時には出来ないことは出来ないといえる勇気が大切です。

もちろんできない事をそのままにしておくのではなく、どうすればよいかという向上心をいつも持っているということがよいヘルパーの絶対条件と言えるでしょう。

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。