スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者介護の現実と世論調査のひずみ社会の現状

「仕事より家族」8割 「大家族望む」も60% 

祖父母や父母、子どもなどが同居する大家族で暮らしたい人が60%に上ることが、日本世論調査会が9月20、21日に実施した「家族」に関する全国面接世論調査で分かった。「仕事より家族の幸せを優先」という答えも「どちらかといえば-」を合わせ81%に達するなど、世代を問わず強い家族志向が浮き彫りになった。

同調査会が家族の在り方をテーマに調査したのは初めて。それによると、「人間が生きていく上で家族は必要」「どちらかといえば必要」との回答が計99%を占めた。「個人の生き方より家族のきずなを大切にする」も「どちらかといえば-」を含め71%と大勢だ。

家族の役割(複数回答可)は「愛し合い、精神的に支え合うこと」と考える人が59%と最も多く、「子どもを産み育てる」が50%で続いた。「経済的に支え合う」は24%、「年老いた親の世話する」は23%だった。

望ましい家族構成のトップは3世代同居など大家族の60%。夫婦と子どもの核家族は27%、夫婦2人は9%で、「結婚や血のつながりに関係なく、気の合う人と暮らす」は2%、「1人で暮らす」は1%にとどまった。

自分の家族のタイプを聞くと、「祖父や父が大黒柱」の“前近代型”が14%、「父は仕事、母は家庭」の“近代型”が34%、「夫婦も親子も何でもよく話し合う」という“友達型”が31%、「個人として互いに過度に干渉しない」という“自立型”が19%と分散。今の自分の家族に「満足している」「どちらかといえば満足している」は計91%だった。

世論調査(中日新聞)より


老老介護やシングル介護と呼ばれる現実の社会が映し出す、日本の高齢化社会の現状は、高齢者介護の現実と世論調査における社会ひずみを照らしだしているように感じます。それは、現実は、人が願っているようには、うまく運ばないということなのでしょう。「わかっているのだけれど、現実を変えることの出来ない」という人間の弱さをのぞかせているのです。
スポンサーサイト

脳波だけで車椅子を自由自在に動かす

車椅子を最速レスポンスで脳波コントロールする技術
トヨタ/理研が開発

理研BSI-トヨタ連携センター(BSI-TOYOTA Collaboration Center: BTCC)は6月29日、125ミリ秒の反応速度で車椅子の脳波コントロールを可能にする技術を開発したと発表した。BMI (Brain Machine Interface)は各社や研究機関が開発を進める最先端技術の1つだが、BTCCの開発したシステムでは素早いレスポンスによりスムーズな制動を実現する点に特徴がある。

これは理研の開発したBSS (Blind Signal Separation)とSpace-Time-Frequency Filteringという2つの技術を組み合わせた成果で、125ミリ秒というレスポンスタイムを実現している。BSSはシステム制御を行う脳波とノイズを分離する技術で、あらかじめ記録された脳波(Electroencephalogram: EEG)のみを利用する。一方のSpace-Time-Frequency FilteringはEEGの電極から出力される振幅データを使って時間と空間のパターンを抽出する。これにより、車椅子の脳波コントロールにおける信頼性を高めているという。EEGデータの解析結果はリアルタイムでディスプレイ表示されるため、車椅子の搭乗者が動作を把握する一助となる。

開発されたシステムは車椅子での利用を想定しており、リハビリテーションのほか、車椅子利用者を物理面と精神面の両方からサポートするものになるという。制御可能な命令は「前進」「右折」「左折」の3種類。認識の正確さは95%となり、同社によればこれは世界でも最も高い水準にあるという。デモストレーション用のビデオが理研から公開されているので、興味ある方は見てみてほしい
(Windows Media Videoフォーマット)。
マイコミジャーナルより転載いたしました。


ポータブルトイレ 後始末が不要に!~介護の負担楽に

専用の使い捨て紙バッグ「ポイレット」で安心

医療用機器・用品、介護・防災用品などの企画、製作、輸入、卸売りを手がけるヘルスアシスト(東京都武蔵野市)は、ポータブルトイレ専用使い捨て紙バッグ「ポイレット」を発売している。

「ポイレット」は、ポータブルトイレの利用をぐっと楽にする使い捨て紙バッグで、従来のようなバケツ洗いが不要になる。セットするときは、ポータブルトイレの内側のバケツ(ポット)にかぶせるだけなので、使い方はとても簡単だ。

高分子吸収体で、最大約1リットル(小用2~4回分)の尿をしっかり吸収する。また、活性炭がにおいを強力吸収し、使用後は後処理テープで口を閉めることで簡単にロックできる。使用感にも配慮しており、不織布が排泄(はいせつ)音を吸収し、跳ね返りも防止している。ほぼすべてのポータブルトイレにフィットし、角やすき間に液体が残らない安心構造になっている。

ポイレットを使用することで、介護する側とされる側の大きな負担が軽減される。購入は、全国の介護ショップで。1パック20枚入り。価格は2020円。(税別)

関連情報
「ポイレット」
ヘルスアシスト株式会社 フリーダイヤル0120-685588

FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCEより転載いたしました。


尿漏れ予防は排尿パターンを記録する排尿日誌をつける


必要以上にトイレに行くことは排尿予防に逆効果

急にトイレに行きたくなってトイレに駆け込もうとしたら間に合わなかった。

中高年女性にはこうした尿漏れの経験や症状がよくある。「漏らしたくない」「漏らさないように」と、尿意がなくてもこまめにトイレに行く女性は少なくない。しかし、「それは膀胱(ぼうこう)にとってよくありません。

膀胱に尿が十分たまっていないのに排尿していると、逆に膀胱に尿をためにくくなることがあります。

尿漏れ予防のつもりの行動が、逆効果になりかねないというのだ。

そこで、不必要にトイレに行っていないか、自分の排尿パターンを確認するために、1日分の排尿日誌をつけてみることを勧める。

トイレに紙コップや計量カップを用意し、排尿するたびに尿量を測る。

何時にどれだけ排尿したか、1日分を記録する。

尿漏れがあったかどうかも書き込む。

できるだけ水やお茶など水分をとった量も記録しておく。

排尿の量は正常な人なら1回150~400ミリ・リットル、1日10回以下が目安。

日誌の記録を見て、何時間ぐらいなら我慢できているか、我慢できる量や時間を見極める。

そのうえで、トイレに行くタイミングを修正してみる。

それでもうまくいかない場合は、医療機関に相談する。

また、尿漏れ予防には、水分の取り方も大切。

漏れを心配して水分摂取を控えるのもよくないが、一度にまとめて水分をとるのも望ましくない。

飲み物は1日1200~1600ミリ・リットルほどを、間隔をあけて飲む。

「尿漏れの予防には、骨盤底筋体操と併せて、日常生活の見直しも大切です」と大川さんは話している。

読売新聞

新規申請者で倍増、介護保険「利用できない」…厚労省検証

介護保険制度で、今年4、5月の新規利用申請者のうち、介護保険を使えない「非該当」と判定された人の割合が、前年同期の倍になっていたことが13日、厚生労働省の検証作業でわかった。

厚労省によると、要介護認定の新規申請者で、市町村から認定された5万9396人を調べた結果、5・0%が「非該当」。昨年4、5月に非該当だった人の割合は2・4%、一昨年同期は2・5%に過ぎず、率で2倍になった計算だ。介護度が最も軽い要支援1の割合も今回が23・0%で、昨年の19・0%、07年の18・4%より増えていた。

要介護度を決める認定は今年4月から、調査項目数を82から74に減らして調査マニュアルも変更されており、介護関係者から「要介護度が軽くなるのでは」との声も出ていた。厚労省は原因分析も含めた検証を続け、必要があれば認定方法の修正も行う方針だ。

(2009年7月14日 読売新聞)


メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。