長門裕之、南田洋子さんの介護本~関連書籍・その他サービス


長門裕之の奥さん、南田洋子さんの介護本が急上昇-オリコン本ランキング

長門裕之の奥さん、南田洋子さんの介護本が、オリコン本で注目されています。

先日、テレビで、俳優の長門裕之さん(75)が、妻の南田洋子さん(76)の介護の様子をドキュメンタリーで拝見しました。

その体験の様子を書籍として出版されました。
「待ってくれ、洋子」というタイトルで「主婦と生活社」から出ています。

待ってくれ、洋子

「徹子の部屋」で初告白以来、話題騒然!感動の手記ついに完成!老老介護の厳しさにも打ち克つ永遠の夫婦愛が心揺さぶる。妻、南田洋子さんの介護を通じて夫婦の絆や老いの真実を描く感動ルポです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昨日の洋子に戻ってくれ。神様、この時計を、もういっぺん巻き戻せませんか?老老介護の現実と夫婦愛。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 洋子の異変/第2章 修羅と安穏の日々/第3章 おしどり夫婦の表と裏/第4章 老いと病気/第5章 終焉に向けて/第6章 二人でどう生きるか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

長門裕之(ナガトヒロユキ)
1934年(昭和9年)京都府生まれ。父方は歌舞伎一家、母方は映画のマキノ一家。6歳で映画デビューし、8歳で出演した「無法松の一生」で名子役として注目される。26歳でブルーリボン賞を受賞。代表作に「太陽の季節」「にあんちゃん」「秋津温泉」など。近作は「旭山動物園物語」、主演の「夢のまにまに」。舞台、テレビドラマでも活躍中。2010年に芸能生活70周年を迎える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス