求人の大手介護企業は、手厚く人材確保に躍起

介護の仕事は、この経済不況で就職難の時代でも、人材確保が難しい状況を抱えているようです。せっかく貴重な人材を確保できても、その過酷かつ、重労働で、しかも、低賃金といことで、離職率が高く、人材確保をしようにも悪循環が改善されなければ、今後さらに、介護の仕事を敬遠する就職希望者が後を絶たないでしょう。

そのような意味では、逆に、介護大手の会社が、手厚く人材を確保しようとしているわけですから、ヘルパー資格も支援してくれるなら、いま、仕事を探している方で、本当にお困りの方は、この介護の仕事を経験してみることは、人が、人をケアするという大切な仕事をすることによって、得られることは、見えない形で、報酬として得られるかもしれません。

この業界にこそ、「チェンジ!」「チャレンジ!」という言葉が、必要なのかもしれません。

介護大手、未経験者を中途採用 資格取得も支援
介護各社が介護職未経験者の中途採用を拡大する。セントケア・ホールディング(HD)は今期、前の期の2倍にあたる1000人を計画。日本医療事務センターも100人規模を採用する。各社とも採用後に介護士などの資格取得を支援する。介護職は重労働などから離職率が高く、必要な人材を確保できない状態が続いている。製造業の人員削減などで職を探す人のすそ野が広がっており、未経験者についても積極採用に動く。

業界4位のセントケアHDは従業員総数の約4割にあたる3000人の中途採用を計画、このうち3分の1を未経験者とする。未経験者は原則非正規社員として採用し、無資格でも働ける老人ホームなどの施設に配置する。その後同社の負担で研修を受けてもらい、介護士の資格取得後に希望者は正社員にする考えだ。「介護職への応募者が若干増えており、未経験者でも人材を確保」(同社)して事業拡大を狙う。
NIKKEI NET いきいき健康



メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス