高齢化社会を健康で長生き


日本は、世界に例の無い高齢化社会に突入しようとしています。

生きるということと、健康の問題は、長生きすればするほど、重要になってくる問題だと思います。

「訪問看護ステーション」のサービスは、将にこの目的のためになくてはならないサービスではないかと感じます。

訪問介護やリハビリサービスを提供することで、 健康への手助けを行うことは、生きることの糧となり、 明日への力としてなくてはならないサービスだと思います。

「訪問看護ステーション」のサイトの 『福祉用具研修ベッド~車椅子への移乗』を拝見して、 実際に、介護する側が、介護される側の立場に立って、福祉用具を知っていく過程には、本来の介護の重要な思いやりのあるサービスが提供されるのではないかと期待できます。

そのような心ある福祉活動が、高齢化社会における様々な問題を解決していく力になることは間違いないでしょう。

そのような介護の職場で働く人たちの職場環境は、厳しいといわざる終えませんが、「訪問看護ステーション」の内容は充実したものといえるでしょう。


現実が加速される少子高齢化社会「14歳以下の人口が,70歳以上の人口を下回る」

昨日のメディアにおいて「14歳以下の人口が70歳以上の人口を下回る少子高齢化社会」が数字と共に明らかにされていました。

少子高齢化社会が、確実に進行している。

少子化が進むことによって、介護や福祉など高齢者に関して、見え隠れしているさまざまな諸問題は、この傾向を止めることが出来ぬ限り、更に如実に具体的に多くの事件や事象を浮き彫りにしていくことでしょう。

介護の充実と、少子化へ歯止めをかける対策を講じることは双方ともに今早急に取り組まなければならない課題でしょう。

しかしながら、生活・生きることの根本に関わり様々な日常の諸問題と密接につながりあっていることから、容易く片付く問題でないことは確かです。



メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス