高齢者の介護における食事のあり方


高齢になると、日常の活動量が低下してきます。それに伴って、食事の量も低下していきます。

食欲が低下する事のほかに、病気や体力により、食べ物を噛む力、物を飲み込む力が弱くなって行きます。 

年齢を重ねるごとに入れ歯などの口腔内の問題も含めて、食べられるものが次第に堅いものからやわらかい物へ制限されていきます。

その場合、注意しなければならないことが、栄養が徐々に偏っていくことにつながり、健康状態を損ねることにもつながりかねません。

医療や介護の現場においては、食事は必要なエネルギーや栄養素を効率よく採れるように、用途に応じて「流動食」や「介護食」を利用します。

堅いものを飲み込むことが、困難な方や、食事から十分な栄養素をとることが出来ない方にバランスの取れた栄養の補給に役立っています。

介護食に関する詳しい書籍や、ネットでの介護食の通信販売で購入することも出来ます。
介護食で、高齢者のニーズに合った介護食を利用しましょう。


メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス