脳波だけで車椅子を自由自在に動かす

車椅子を最速レスポンスで脳波コントロールする技術
トヨタ/理研が開発

理研BSI-トヨタ連携センター(BSI-TOYOTA Collaboration Center: BTCC)は6月29日、125ミリ秒の反応速度で車椅子の脳波コントロールを可能にする技術を開発したと発表した。BMI (Brain Machine Interface)は各社や研究機関が開発を進める最先端技術の1つだが、BTCCの開発したシステムでは素早いレスポンスによりスムーズな制動を実現する点に特徴がある。

これは理研の開発したBSS (Blind Signal Separation)とSpace-Time-Frequency Filteringという2つの技術を組み合わせた成果で、125ミリ秒というレスポンスタイムを実現している。BSSはシステム制御を行う脳波とノイズを分離する技術で、あらかじめ記録された脳波(Electroencephalogram: EEG)のみを利用する。一方のSpace-Time-Frequency FilteringはEEGの電極から出力される振幅データを使って時間と空間のパターンを抽出する。これにより、車椅子の脳波コントロールにおける信頼性を高めているという。EEGデータの解析結果はリアルタイムでディスプレイ表示されるため、車椅子の搭乗者が動作を把握する一助となる。

開発されたシステムは車椅子での利用を想定しており、リハビリテーションのほか、車椅子利用者を物理面と精神面の両方からサポートするものになるという。制御可能な命令は「前進」「右折」「左折」の3種類。認識の正確さは95%となり、同社によればこれは世界でも最も高い水準にあるという。デモストレーション用のビデオが理研から公開されているので、興味ある方は見てみてほしい
(Windows Media Videoフォーマット)。
マイコミジャーナルより転載いたしました。




メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス