ポータブルトイレ 後始末が不要に!~介護の負担楽に

専用の使い捨て紙バッグ「ポイレット」で安心

医療用機器・用品、介護・防災用品などの企画、製作、輸入、卸売りを手がけるヘルスアシスト(東京都武蔵野市)は、ポータブルトイレ専用使い捨て紙バッグ「ポイレット」を発売している。

「ポイレット」は、ポータブルトイレの利用をぐっと楽にする使い捨て紙バッグで、従来のようなバケツ洗いが不要になる。セットするときは、ポータブルトイレの内側のバケツ(ポット)にかぶせるだけなので、使い方はとても簡単だ。

高分子吸収体で、最大約1リットル(小用2~4回分)の尿をしっかり吸収する。また、活性炭がにおいを強力吸収し、使用後は後処理テープで口を閉めることで簡単にロックできる。使用感にも配慮しており、不織布が排泄(はいせつ)音を吸収し、跳ね返りも防止している。ほぼすべてのポータブルトイレにフィットし、角やすき間に液体が残らない安心構造になっている。

ポイレットを使用することで、介護する側とされる側の大きな負担が軽減される。購入は、全国の介護ショップで。1パック20枚入り。価格は2020円。(税別)

関連情報
「ポイレット」
ヘルスアシスト株式会社 フリーダイヤル0120-685588

FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCEより転載いたしました。




メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス