スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人平均寿命、また延びた 女性は世界一をキープ


過去最高を更新した日本人の平均寿命

平均寿命とは、0歳の子供が平均的に何年生きられるかを示す数値のことです。WHO(世界保健機関)が2000年に発表した言葉で、「健康寿命」というものがありますが、これは日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間を示す数値のことです。




08年の日本人の平均寿命は男性が79.29歳、女性は86.05歳で、前年をそれぞれ0.10歳、0.06歳上回り、3年連続で過去最高を更新しました。厚生労働省によると、がん、心疾患、脳血管疾患の3大疾患による死亡率が下がった影響が、大きく、女性は24年続けて世界で最も長寿で、男性は4位でした。


厚労省が把握している海外の最新データと比較すると、男性の平均寿命が最も長いのはアイスランドで79.6歳、スイスと香港が79.4歳で続いた。

女性は日本に次ぐ香港が85.5歳、フランスが84.3歳だった。

日本人が3大疾患により死亡する割合は、男性が約55%、女性が約52%。

3大疾患による死亡がなくなったとすると、平均寿命は男性が87.39歳、女性は93.05歳まで延びるという。

厚労省は5年ごとに調査しており、次回は2010年の推計を発表する予定。


メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。