オムツに頼らないトイレで排便の喜び~高齢者介護と福祉

介護が必要になっても、オムツをせず、トイレを使いたいという願いは切実だ。日中の「オムツ外し」を実践している特別養護老人ホームを訪ね、そのコツを探った。

三好春樹さんがアドバイス 「オムツに頼らない生活」

◇朝食後、とにかく便座に座って、排便を試みてみる。
◇ホームヘルパーを活用し、トイレへの誘導を介助する。
◇尿漏れなど失敗が不安な時は、オムツや吸水パッドを使う。
◇「排便最優先の原則」で、便意を訴えたら、介護者は真っ先にトイレに誘導する。

トイレで排便の喜び:詳細はこちら

(2009年6月2日 読売新聞)

高齢者介護と障害者福祉関連情報
■ライフワーク高齢者介護と障害者福祉



メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス