クロスワードや読書、カードゲームに認知症を遅らせる効果

養護老人ホームへヘルパーとして勤務していた時に、認知症のお年寄りがクロスワードパズルをしていたのを記憶しています。そのお年よりは、長い間、クロスワードパズルが趣味であったように聞いていました。

記憶障害の方の認知症に、クロスワードパズルが効果的であることが研究で明らかになりました。ということは、私が、その様子を見たときには、そのような認識はなかったわけです。そのときのお年寄りの方のことが今、とても気になります。

世界の雑記帳:クロスワードに認知症進行を遅らせる効果=米研究

[ニューヨーク 3日 ロイター] クロスワードや読書、カードゲームなどの習慣があると、認知症に伴う急速な記憶力低下を遅らせることが、米国の研究で明らかになった。  

この研究は、ニューヨークのアルバート・アインシュタイン医科大学の研究者らが、当初は認知症にかかっていなかった75─85歳の488人を対象に5年間の追跡調査を行ったもの。その間に101人が認知症を発症した。

調査では、読書やディスカッション、楽器の演奏など6種類の活動を、それぞれ1週間にどれくらい行うかを数値化し、毎日行う場合は7ポイントで、1週間に1度だけの場合は1ポイントとした。認知症を発症した人たちの平均は7ポイントだったため、平均で毎日1種類の活動に従事していたことになるが、記憶力が急速に低下するタイミングは、1ポイント毎に0.18年遅くなったという。

 研究に参加したチャールズ・ホール氏は「これらの活動が脳の活力を維持させる効果がある可能性がある。活動を増やすことでも認知症の進行を遅らせることができるかどうかについては、更なる研究が必要だ」と述べた。

2009年8月4日 17時39分 毎日jp(毎日新聞)

■【ご案内】ライフワーク高齢者介護と障害者福祉


メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス