介護事業に役立つ音声認識システム~介護事業のニチイ

介護事業のニチイ、音声認識システム開発の会社と提携

ニチイ学館は7日、音声認識システム開発のアドバンスト・メディアと資本業務提携すると発表した。アドバンスト・メディアの既存株主から発行済み株式総数の5.95%に当たる8650株を取得する。取得額は5億円前後。アドバンスト・メディアが持つ音声認識技術を活用して新しい教育講座や、医療・介護事業の効率化につながる新サービスを展開する。

株式の取得日は未定。取得後はニチイ学館はアドバンスト・メディアの第3位株主になる。今後は両社の従業員で構成する専門委員会を立ち上げて具体的な提携内容を詰める。

アドバンスト・メディアは東証マザーズ上場。音声マイクなどを通じて入力した音声を文書化する技術「アミボイス」を持つ。両社はこの技術をもとに、電子カルテや介護記録などの音声入力システムの開発を検討。医療機関に強いニチイの営業力を活用して販売したり、ニチイの介護事業所に導入したりすることで相乗効果を狙う。

(07日 23:08)NIKKEI NET(日経ネット)

■【サイト案内】ライフワーク高齢者介護と障害者福祉



メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス