職能判定員~介護・福祉に関わる仕事

職能判定員の仕事

職能判定員の仕事内容は、心身ともに障害のある人に対して、その人の能力にあった仕事を見つけて仕事ができる環境づくりを援助する仕事です。

職能判定員は主に身体障害者、知的障害者更正相談所をはじめ肢体不自由者更正施設、内部更正者更正施設、聴覚言語障害者更正施設などの福祉関係の職場で仕事をします。

医師や心理判定員、指導員、ケースワーカーなどとチームを組み、身体障害者の知的障害者が職場や日常生活に適応できるように援助、相談、対応、訓練を行っています。

職能判定員は、それらの能力に応じた職業的能力を評価・判定する仕事を専門にしています。

職能判定員としての資格には明確なものは無く、専門職としても確立されていません。身体障害者、知的障害者更正相談所で働くためには、公務員試験に合格しなければなりませんが、必ずしも、希望の職種につけるというわけではありません。


メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス