スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護サービス利用者、過去最多の451万人に

厚生労働省が30日発表した平成20年度の介護給付費実態調査によると、介護サービスなどを利用した人は前年度を14万6千人上回る451万6千人で過去最多となり、1人当たり費用額は千円増の15万1千円だった。

重複分も含めた利用者の内訳は、要介護度が軽い要支援1、2の人を対象とした介護予防サービスが109万9千人、要介護1以上が対象の介護サービスが367万人。いずれも前年度より増加していた。

介護サービスでは、訪問介護の利用者が4万8千人減となった一方で、通所介護利用者が4万人近く増えていた。

介護サービスの施設サービスでは、特別養護老人ホームや老人保健施設の利用者は増えていたが、介護型療養病床では1万5千人強減って15万9千人だった。厚労省の担当者は「11年度末までの廃止が決まっている影響ではないか」としている。・・・コチラ>介護サービス利用者、過去最多の451万人に

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。