人口「自然減」最大…全体では2年連続増

出生数減り死者数は最多 帰化・転入増える

 総務省は11日、住民基本台帳に基づく今年3月31日現在の人口を発表した。全国の人口(外国人は除く)は1億2707万6183人(前年比1万5人増)で、2年連続で増加。

 海外からの転入や帰化などに伴う「社会増加数」が5万5919人(前年4万1826人)と増えたためだが、出生者から死亡者を引いた「自然増加数」は、4万5914人減と、過去最大の減少となり、人口減少の加速が浮き彫りとなった。

 出生者数は、108万8488人(前年度比7977人減)で、3年ぶりに減少に転じた。死亡者数は過去最高の113万4402人だった。社会増加数が増えたことについて、同省は「景気悪化に伴う企業の海外撤退などが考えられる」と分析。帰化は1万数千人としている。 ・・・続き・詳細はコチラ>出生数減り死者数は最多 帰化・転入増える

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス