長寿医療制度(後期高齢者医療制度)


高齢者等を対象とする、他の健康保険とは独立した公的な医療保険制度です。

75歳の誕生日を迎えた時点で強制的に移行することになり、国民健康保険や社会保険などから、「後期高齢者医療制度」に新たに加入することになります。

平成20年4月1日から、今までの「老人保健制度」に変わって新たな医療制度「長寿医療制度(後期高齢者医療制度)」が始まりました。

「後期高齢者」という名称に対して多くの批判が集まったため「長寿医療制度」に呼び方が改められました。


保険料は原則、2か月に1度支給される年金から天引きされる。約11兆円の医療給付費を公費5割、現役世代の保険料4割、高齢者の保険料1割で賄なわれます。

旧老人保健制度は、医療費を支援する現役世代の負担に歯止めがかからない恐れがあり、世代間の負担割合を明確にするため導入されました。





メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス