介護と福祉における男性ヘルパーに期待される活躍と利点

不景気の影響や、新しい注目の職業でもあることから、最近は男性でもホームヘルパーを目指す人が増えています。

在宅介護の場合、食事の準備や、洗濯などの日常生活の介護がどうしても必要ですが、こうした業務では、やはり、男性が活躍できるかという点で疑問が湧くでしょう。

これは、働く側の意識、心がけが第一で、その上で、いかに理解を求めるか、ということになります。

しかし、男が家事を行うのも不自然ではないと見られるのは、今後は時代の流れとなるかもしれませんし、同性のホームヘルパーを求める人もいるかもしれません。今後は男性も活躍することになるでしょう。

50歳を過ぎてから、新しいやりがいのある仕事を求めて、ホームヘルパーを目指す男性も最近は結構多いようです。

こうした人たちの社会経験というものも、ホームヘルパーの仕事に活かす機会があるかもしれません。

男性ホームヘルパーが活躍する姿は今後様々なところで見られることになるでしょう。

http://www.power-factor.info/0010.html


男性ヘルパーの利点

男性は仕事と感情とをある程度割り切ることができるので、職場での人間関係の潤滑油として期待されます。

コミュニケーション能力は、現場だけでなく職場内でも求められます。

現場でのケアに関しても、移乗や移動などの介助の際、利用者様も男性が支えているということで頼りにされやすく、 スムーズにケアができることもあります。

男性で介護職を希望するのであれば、 施設の職員などの方が生活も安定しますし、同性介護を原則としている施設も多いので受け皿もあります。

在宅で働くとしたら、 訪問入浴介護の運転手(オペレーター)もあります。

車を走らせ、浴槽を担ぐガテン系の仕事ですが、 男性であるという存在価値をかなり発揮できます。

ヘルパーの資格を取って、介護タクシーで働く男性も多いです。

ホームヘルパーの仕事に関しても、男性のヘルパーでお願いします、という依頼も少なくありません。

http://www.helperstation.net/toranoana/dansei.php



ホームヘルパー2級 男性の求人に関する質問

在宅でも高齢者の介護と支援費の介護があります。

支援費は障害者の介護をすること。外出ヘルパーなどが主な業務です。支援費の仕事をやっているヘルパー事業所なら、男性ヘルパーを募集しています。2級ヘルパーを持っている男性は特養、老健などの介護老人施設、もしくは病院で看護補助をしている方がほとんです。

在宅では需要は少く、改正で長時間の生活援助がなくなり、移動時間に時間をとられます。

障害者へのヘルパー派遣を行なっている事業所では、男性の利用者さんの介護は男性のヘルパーが、女性の介護は女性ヘルパーが行なうという体制をとっている所が多いです。

移動入浴介助など力を必要とする職場では男性が多いです。

施設等に勤務なら、男性の方が体力面で言っても必要とされています。その場合はホームヘルパーよりも介護福祉士を目指すことを望まれます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2081131.html


■【コラム】
■ライフワーク介護と福祉について
■介護と福祉/おすすめサイト~【ライフワーク介護と福祉】
■【サイト案内】ライフワーク介護と福祉

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス