介護保険適用の介護・福祉用具【入浴補助用具】

入浴補助用具~介護保険・購入費支給の対象となるもの

座位の保持、浴槽への出入り等の入浴に際しての補助を目的とする用具であって次のいずれかに該当するものに限る。
 
・入浴用いす
・浴槽用手すり
・浴槽内いす
・入浴台(浴槽の縁にかけて利用する台であって、浴槽への出入りのためのもの)
・浴室内すのこ
・浴槽内すのこ 、など。

介護の必要な体の不自由な人が、入浴の時に、体位の保持と、浴槽へ入浴を補助するための道具。介護保険で購入の対象となる入浴補助用具は、入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴台(浴槽の縁にかけて利用する台で、浴槽への出入りのためのもの)、浴室内すのこ、浴槽内すのこの6種類です。

入浴介護における注意点
入浴補助用具を適切に使用する。
空腹時や食後すぐの入浴を避ける。
安全と安楽な体位を心がける。
室内の温度を適切に保つ。

入浴補助用具の一例


タヒラ 安心バスチェア:1台でシャワーチェア+入浴台として使えます

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス