介護に活用>かんぽの宿

「かんぽの宿」介護に活用へ 国民新方針、党の計画案で

国民新党は3日、日本郵政グループが全国に保有する宿泊施設「かんぽの宿」を介護事業に活用する方針を決めた。介護向けに施設を一部改修して、高齢者が通って介護を受けられる「通所介護」のサービスを提供する。今月中にまとめる同党の郵政新事業計画案に盛り込む。(朝日コム)


かんぽの宿というのがある。2012年9月末までの廃止・売却が決まっているが、国会で審議中の郵政株式売却凍結法案が成立すれば、廃止・売却は凍結される。年間40億円の赤字基調が続いており、立て直しに向けた新事業が不可欠とみられていた。

また、郵便局による訪問介護サービスの提供も検討する。ただ、介護サービスの提供には人員や資格などの指定基準を満たす必要があり、実現には時間もかかりそうだ。

介護現場において、利用者や、サービス提供者の悲鳴が聞こえてくる現状で、早く整備を急いで欲しいものだ。


■【It's New!】ライフワーク介護と福祉
■【サイト案内】ライフワーク介護と福祉

メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス