認知症の妻とパソコン

認知症を持つご家族というのは、介護の中でも、非常に精神的なご苦労が多い。

妻が数年前から、認知症になってしまった。

妻と私の二人暮らしの生活は、何かと妻の認知症の介護を中心とした閉鎖的な生活になりがちで、心の中のストレスを開放する事が、難しくなる。

認知症の介護について、自分でも色々と勉強をして知識を学ぶ上で、これからも妻と2人で、彼女の認知症と闘っていかなければならないと言う事を考えれば、何か私自身の心身の健康を保つ上で、予防と対策を実行しなければならないと思う。

そこで、私が出来ることとして、

①規則正しい生活を維持するためにも、朝の散歩を心がける。

②趣味にも専念する時間をなるべく取るようにする。

③パソコンを始める事によって、インターネットで、同じように認知症の介護での悩みを共有する。

など、3つを実行するようにした。

その内、③のパソコンのインターネットで、認知症で、同じ悩みを抱えていらっしゃるご家族の現状をブログやSNSなどのコミュニケーションサイトを通じて、多くの情報を得たり、また、自分から発信できるネットを活用する事は、今の時代は、とても大切なことでは無いかと感じる。

認知症の方と抱えたご家族が感じておられる不安と言うものは、その情報を知らない事によるものが多い。多くの認知症の介護を経験されてきた方の話や体験、また、アドバイスを受け取る事のできるネットは、とても、優れた媒体であると言える。






メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス