スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護と福祉、今年度の国家試験概要でそろう

介護と福祉にかかわる方にとって、働くための環境を自ら改善するためには、

国家資格の取得は、ぜひとも欲しいものです。

受験のための傾向と対策を怠りなく、受験の準備を進めてがんばってください。


介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の国試概要

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士のいわゆる「三福祉士」の今年度の国家試験の概要が、このほど出そろった。受験希望者は、申し込みに必要な書類「受験の手引」を財団法人社会福祉振興・試験センターから取り寄せ、受験申込書と必要な書類を郵送して受験手続きを行う。

第24回介護福祉士国家試験は、筆記試験が来年1月29日に実施される。試験地は今回から静岡、高知、長崎、大分の4県を加えた全国28都道府県。その合格者を対象とした実技試験は、3月4日に12都道府県で実施される。合格発表は3月28日。申込書の受付期間は今年9月9日までで、受験手数料は1万650円。

第24回社会福祉士国家試験は来年1月29日、前回と同じ全国24都道府県で実施される。合格発表は3月15日。申込書の受付期間は今年9月8日-10月7日で、受験手数料は5580円。

第14回精神保健福祉士国家試験は来年1月28、29の両日、全国7都道府県で実施される。合格発表は3月15日。申込書の受付期間は今年9月8日-10月7日で、受験手数料は9750円。

昨年度の合格率は、介護福祉士が48.3%、社会福祉士が28.1%、精神保健福祉士が58.3%だった。

(医療介護CBニュース)


メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。