「介護サービス提供責任者」の仕事


サービス提供責任者ってどんな仕事?

サービス提供責任者は、やりがいがあり大事な役割を担う職業の名前です。

ケアマネージャーやケアワーカーとの連絡・調整など、コーディネート業務全般に携わります。

具体的には、ケアマネージャーの作成したケアプランに基づいた訪問介護計画書の作成・お客様やご家族様、担当ヘルパーとの連絡調整等の訪問介護サービスに伴う管理業務、ヘルパーの指導・育成・管理等になります。

また、業務の中には身体介護・生活援助等の現場にも入ります。


サービス提供責任者になるための資格

介護福祉士の資格を持っている方

介護職員基礎研修修了者

ヘルパー養成研修1級を修了した方

保健師・看護師・准看護師

ヘルパー養成研修2級の修了者で、実務経験が3年以上(かつ実働日数540日)の方

その他、県が定める研修修了者



上記のうち、1つ以上の条件を満たしていれば、サービス提供責任者になることができます。


サービス提供責任者の役割

訪問介護のサービス提供責任者としての業務には、主に次のようなものがあります。

訪問介護サービスの申し込み等の調整

利用者からの申し込み受付
介護保険利用外における申し込みの対応 (介護保険外であることの説明、介護保険外サービスとして対応できるかの回答)
利用にかかわる契約および契約更新



訪問介護計画の作成

ケアプランの理解(ケアマネージャーとの調整)
利用者宅への訪問、アセスメント
訪問介護計画の作成



訪問介護計画の説明

訪問介護計画書の原案を利用者またはその家族へ説明し、内容について同意を得る。
作成した訪問介護計画書を利用者に交付



訪問介護サービス提供後の状況把握

計画の変更を検討するための再調査または定期訪問
担当の訪問介護員からの状況把握
サービス提供後の訪問介護計画書の変更



訪問介護員等に対する技術指導

訪問介護員に対する業務指導(介護技術、困難事例へのアドバイス等)
新任訪問介護員との同行訪問



訪問介護員等のサービス内容の管理

訪問介護員とのサービス提供に関する報告、連絡、別のヘルパーへの申し送り事項の管理
訪問介護員やサービス提供に関する利用者からの苦情や相談の対応



介護技術の研鑽(けんさん)

訪問介護員に対する研修の開催
外部研修への参加



居宅支援事業者等との連携、サービス担当者会議への参加

サービス担当者会議の参加・担当者の派遣
ケアマネージャー等への報告、連絡調整



サービス提供責任者の責務と心得は次の通り。

サービス提供責任者は、第二十四条に規定する業務(訪問介護計画作成)のほか、次の各号に掲げる業務を行うものとする。

一、指定訪問介護の利用の申込みに係る調整をすること。

二、利用者の状態の変化やサービスに関する意向を定期的に把握すること。

三、サービス担当者会議への出席等により、居宅介護支援事業所等と連携を図ること。

四、訪問介護員等(サービス提供責任者を除く。以下この条において同じ。)に対し、具体的な援助目標及び援助内容を指示するとともに、利用者の状況についての情報を伝達すること。

五、訪問介護員等の業務の実施状況を把握すること。

六、訪問介護員等の能力や希望を踏まえた業務管理を実施すること。

七、訪問介護員等に対する研修、技術指導等を実施すること。

八、その他サービス内容の管理について必要な業務を実施すること。

「指定居宅サービス等の人員、設備及び運営に関する基準」第28条第3項





メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス