スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッポンで増加する高齢者の犯罪「なぜ、彼らは犯罪に走るのか?」


未来を支える若い世代の人口が減り、人間の寿命がさらに延びることによっておこる超高齢化にともなう高齢者の人口の増加。

お年寄りの介護については、家族の問題であったところから、社会全体の問題として、これからの将来に渡って、大きな課題を突き付けられているのです。

犯罪という言葉を聞けば、お年寄りが巻き込まれて被害にあうという、とても可哀そうなイメージを連想するものですが、最近では、高齢者が加害者となる犯罪が大きくクローズアップされて、社会問題化されています。

いわゆる暴走老人呼ばれる人達が、なぜ、トラブルを起こすのかというその原因については、一言で語ることのできない様々な要因があるでしょう。

12月5日に洋泉社新書から発売された「暴走老人・犯罪劇場」は、傍聴ライターとして活動する高橋ユキさんが「なぜ、彼らは犯罪に走るのか?」ということについて、罪を犯すお年寄りの実態を現場を通してルポルタージュしています。

世の中、地域、家族など、人と人が関係する社会の構造や歪があることは勿論でしょうが、私たち自身の生き方を見つめ上においても、根本的な解決策がみつかるヒントになる一冊かもしれません。


暴走老人・犯罪劇場 (新書y)
by カエレバ


メニュー

PR

「貯金通帳がない」「死ねばいいのに」介護は絶対に1人ではできない・・・50代独身男の壮絶な介護奮闘記。
「要介護3」と「要介護4」の老親“同時”介護の日常。時に発散して、毒づいて、愛を注ぐ

ライフワーク・福祉と介護の仕事

体と心の健康を維持することの大切さをライフワークである介護と福祉に関わる上で、長寿社会における介護と福祉サービスについてほんの少しのお役にたてれば幸いです。
サイト運営者:Hiromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。